今年最初の神保町

◇天気、晴れ 温かいです、暖冬が続いています。

水曜日は今年最初の神保町へ本の仕入旅。靖国通りの古本屋街をブラブラ、今回は新刊書店を書泉、東京堂三省堂とパトロールしました!東京堂のいつもの売れ筋ウインドウで今週の第3位が池澤夏樹さんの「いつだって読むのは目の前の一冊なのだ」。週刊文春の「私の読書日記」16年分を1冊にまとめたもので「書評というのはすべて誘惑の文章である..散財にはご用心」とある。池澤夏樹さんの書評は貴重です、枕元に置いてコツコツ読んでいこう。

昨年の池内紀さんに続いて、新年早々、坪内祐三さんが亡くなった、本の案内人が少なくなっている、雑誌の書評はdマガジンで読めるが、雑誌の書評のレベルが昨今は非常にシンドイ、雑誌の書評を読んで読みたいと思うことは極めて少ない、むしろHonzの書評の方がずっとレベルは上だと思う。どうしてかというと今の書評は批評性がなくなっている、著者や出版社に忖度するようなコメントだけでは何がよくて何が良くないかがわからない、例えば亡くなった坪内祐三さんの書評などはメリハリがあったし、音楽批評で寺島靖国さんのJazz批評とかもCDを買うときに凄く参考になる。でも書評を書くことを仕事とする人が「本の出来が良くない」などと書けば次の書評の仕事がこなくなるので大変だとは思いますが..そういう意味ではしがらみのないHonzの書評などは凄く参考になると思います。Amazonの書き込みなども参考になるときもあるが、なんでも思ったことを書き込めばよいというものでもないのが難点である。

新着アップ17冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

「世界の書店を旅する」

◇天気、曇り、午後から雪

年末・年始に「世界の書店を旅する」という世界中の有名な書店を旅するエッセイを読了しました。ネット社会の到来で町の小さな独立書店というのがどんどん減っていて「絶滅危惧種」と言われているのですが、書店がまったくなくなるというのは想像しがたい。それはなぜかと聞かれるとなかなかストレートに回答できないのですが、この本を読むと、書店を訪れ、支えた人たち、本と人との出会い、仲間との集い、ときには抵抗する場として存在してきた書店の役割というか特徴というのがよくわかります。

(ちなみに日本にも古本屋巡りが好きな人は多いと思うが、単に安い本を買うためだけの古本屋めぐりは情けない、安い本を買ったという自慢話はみっともないと思う次第)
追分コロニーも仲間が集う本屋として長く続けて、できれば次の世代に引き継ぎたいという思いもあるので、この本はたいへん刺激になる本でした、年初に気合をいれてもらった感じです。本屋巡りが好きなひとにはお薦め本です。

新着アップ9冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

明けましておめでとうございます

◇天気、晴れ

明けましておめでとうございます!本日(1/4)から通常営業(12時~17時、火・水休み)しています。2020年は「追分コロニー」14年目、「NPO油やプロジェクト」8年目となります、「悠々として急げ」をモットーに頑張っていきたいと思います、今年もよろしくお願いいたします。

新着アップ28冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

「ジキル博士とハイド氏」の世界

◇天気、晴れ。暖かかったり寒かったり..今日は暖かい一日。

古本屋をしていて目録を出すことが一番難しいと思う、だから目録を出している古本屋さんは凄いと思うし、実際、組合の市場でも目録を出している本屋に入札で勝つというのは凄く難しい。そしてその目録で本を買うお客様も本当に古本が好きで古本のことを理解していていて凄いと思う、なぜなら普通の人が見たら高いと思うような本を速攻で注文をだすわけだから。

一方、100円本を買うのは簡単だ、誰でもできる、従って、古本屋になっても100円本を漁っている本屋が目録を出したいなどというのを聞くと、「?」と思ってしまう。昼間は100円本しか興味がないのに夜になると目録を見て古本を買うわけでもなく古本が好きだなどとだけ言うのは「ジキル博士とハイド氏」の世界で、まったく理解できない。もしすべての古本好きが目録を見て、そこに載っている本を買わなければ目録を出す本屋はなくなってしまうだろうのに、そういうことを平気で言っている人の頭の中は一体どうなっているのだろうか?

新着アップ16冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

ブックカフェ始めました~

◇天気、晴れ 12月に入って暖かい日が多いです。

冬期間のブックカフェ始めました~。毎週土曜日・日曜日、12時~17時です。ストーブつけてお待ちしています

新着アップ21冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

若い世代の古本屋さんを何とか応援したい

◇天気、晴れ、時々曇り

古書組合加盟の小さな古本屋は全国で2000店ほどある、一方、「日本の古本屋」サイトに登録している古本屋は1000店弱である。このうち活発に取引している本屋はどれくらいあるのだろうか。還暦を過ぎれば年金ももらえる、頑張って営業しなくてもよい、昔は良かったと呟くだけの古参の古本屋が結構多いはず、特に地方ではそうであろう。一方、東京の市場に行くと頑張っている、そして古本の未来を考えている若手の古本屋さんも多い、こういう若い世代の古本屋さんを何とか応援したいと思う。

新着アップ17冊↓

http://oiwake-go.com/view.php

古本を買わない理由は貧しいから

◇天気、曇り、夕方から小雨と霧。

古本屋の最大の問題はやはりアマゾンでの安売り競争だろう、古本が好きと言う人で100円本しか買わないというのもブームになっている。即売会で100円本ばかり漁ったり古本屋の店内に入っても何も買わない「古本浴」とかを自慢しているのを聞いた時には絶望的な気持ちになった。古本を買わない理由は貧しいから..古本屋はみんなシンドイのに..若い世代の人に古本屋になってもらいたいが、こういう極貧古本道みたいなのを何とかしないと古本屋の未来は厳しい、どうしたらよいものか。

新着アップ12冊↓

http://oiwake-go.com/view.php